見出し画像

一汁三菜から一汁四菜にする暮らし。|Re・De User Interview

【公式】Re・De | くらしをRe•Designする

こんにちは。
Re・De note 編集部です。

Re・Deで大切にしていること。
それは目新しい機能やビジュアル重視のデザインではなく、
空間から紐解くユーザーの利用シーンや使い心地を徹底的に追究すること。

そこで、Re・Deでは、電気圧力鍋「Re・De Pot」をご愛用いただいているユーザーさんへ直接お話をお伺いしています。


インタビュー企画の第二弾。
今回お話ししたのは、フードコーディネーターやフラワーデザイナーと多彩な活動をされている佐倉知里さん@chisa_tiara)。

ちょっとしたことから始められる、
女性ならではの、健康や美容を意識した食生活のヒントもいただきました。

ぜひ最後まで「Re・De」のnoteにお付き合いください。

ホットプレート感覚で、ホームパーティに電気圧力鍋

ーー 本日はありがとうございます。そして、Re・De Potをご愛用いただきありがとうございます!

ーー 佐倉さんはフードコーディネーターとして大変ご活躍されてますが、圧力鍋はよくご利用されていましたか?

電気圧力鍋は初めてでした!

昔、ガスの圧力鍋を使ったのですが、爆発しそうで音とか怖くて・・・
そのイメージが強かったのですが、

Re・De Potは電気圧力鍋とのことで、とっても静かで、驚きました!笑

加圧中もシューッシューッと大きな音が出るわけでなく、不安を抱く女性にも試しやすいと思います。

ーー 昔の「音が怖い」イメージを払拭してくれる稼働音ですよね、Re・De Pot。

あと、本当に軽いです。

実は、友人たちと場所を借りてご飯を食べるホームパーティーの機会があったので、ホットプレートのような感覚で持っていきました(笑)
食材と一緒に持ち運べるくらい軽い!

ホームパーティーするときは、いくつかの料理を大人数分作らないといけないので、
一品Re・De Potにお任せできるのが本当に助かりました。

そのとき作ったのは「あら汁カムジャタン」。
レシピは鯛でしたが、スーパーになかったのでブリで作り、これもほんっっとうに美味しかった!

華やかな料理なのに一瞬でできちゃって、じゃがいもも柔らかくて美味しかったです。

ーー 嬉しい!ホットプレートのように、Re・De Potを囲んで皆さんで楽しんでいるシーンが浮かびます。

一汁三菜から「一汁四菜」へ

佐倉さんの作るお料理たち、品数も多く華やか。

ーー 佐倉さんはフードからフワラーのお仕事まで・・忙しいなか、
料理家として、女性として、普段の ”食に関するこだわり” はありますか?

うーん・・・”こだわり"として強く思ってることではないのですが・・・
「副菜を2品以上作ること」は心がけています。

私のなかで、一汁三菜ではなくて「一汁四菜」がベストです。

副菜を作るときに、つい足りない栄養素からと難しく考えてしまうけど、
私は楽しみながら、食材をベースに考えています。

  • 「海藻使ってないから、汁物には海藻を入れよう」

  • 「お豆使ってないから、副菜には入れよう」

  • 「根菜ばかり使ったから、葉物をこっちに入れよう」などなど

それをしていると、必然的に見栄えが良くなりますし!

ガスコンロで何かを作りつつ、Re・De Potでもう一品作れるのは、
手間も時間も増やさずに、一汁三菜から「一汁四菜」にすることができるので、素敵だなと思いました。

でも、自分のためだけに何皿も作るのって難しいですよね(笑)
一人で食べるときは最低でも、汁物と副菜は必ず作るようにしています(笑)

誰かに作るときは「一汁四菜」にして見た目も華やかにし、
「素敵!」「美味しそう!」と、食べる前から感じてもらうことも1つの調味料と考えています。

ーー Re・De Potで一汁三菜から「一汁四菜」に。暮らしが変わりそうですね。

オオゼキ大好き!旬のものや美味しいものを知るって楽しいから

私はスーパーが大好きで、
特に「オオゼキ」が好きなんですがご存知ですか?(笑)

ーー わかります(笑)佐倉さんの口から「オオゼキ」は意外です(笑)

ほんとにオオゼキに遊びにいってる感覚で、
ここの店舗はお魚が強い、ここの店舗はお野菜が強いまで把握しています(笑)

スーパーでは、お魚やお野菜の「旬のもの」や「買ったことないもの」を見つけたら選ぶようにしています。

春だったら「うるい」とか!

引用 : photoAC https://www.photo-ac.com/main/detail/22366359

料理教室をしていたときは、
そういった食材を使うようにしていたのですが、

「これ知ってたらモテそう!」
「料理できそうな人になれるから、覚えときたい!」

と生徒さんから大好評でした(笑)

意外と、食材についてみんな知るきっかけが無いだけで、
旬のものや美味しいものを知るって楽しいことだと思うんです。

そういった、きっかけを提供したいなって思います。

ーー 新しい食材に出会うのって楽しいですよね。佐倉さんの料理家としての素敵な想いを感じました。

最後に

佐倉さん、ありがとうございました!

買ったことのない旬の食材をつかって料理をする、
すぐにレシピを発見できる今の時代なら、そんなに難しいことではないのかも。

Re・De Potなどの家電にお任せして、
まずは手軽に一汁四菜の暮らしにチャレンジしてみてください。

ライフスタイルをRe・Designしましょう。

▼  素敵なご飯が毎日のヒントに。佐倉さんのInstagramも要チェック

https://www.instagram.com/chisato_food_pic/

▼ Re・De 公式Instagram

https://www.instagram.com/re_de_official/


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
【公式】Re・De | くらしをRe•Designする
Re・De(リデ)は、くらしをRe・Designするライフスタイルブランドです。 デザイン家電の開発秘話から、ブランドに対する想いなどを発信します。Instagramでは料理レシピも公開中。